Top > コールセンターシステム > 効率的な業務を行うには

効率的な業務を行うには

プレディクティブダイヤルとは同時一斉発信を指します。あらかじめ登録された電話番号リストに同時に複数電話番号へ発信、応答した電話番号をアポインターに接続し通話を開始します。クリックによる発信で同時一斉発信がされるため、架電件数が増大します。架電件数の増大は通話数の増大に直結します。 アウトバウンド業務において通話数の増大とは生産性に結びつきます。例えば案内業務を行っていたとして、発信した先が不在や留守、話中、電話未使用であるかは予測がつきません。しかし発信してみない事には通話ができるかは不明です。クリックコールにおいては電話番号入力が無い分、オペレータ操作は短縮できますが、通話に至るかは不明でした。しかし、プレディクティブダイヤルは同時一斉発信により不在や留守、話中、電話未使用の番号を発信する中で自動検知し、通話のみをオペレータへ接続し通話数を直接的に増やします。案内業務を行ううえでは、オペレータの発信操作1回で1件の案内となります。発信操作1回で1件の案内ができるため、クリックコールよりもはるかに効率的に業務を行う事ができます。 コールセンターシステムのことならオープンコムへ。

コールセンターシステム

関連エントリー
効率的な業務を行うには
カテゴリー
更新履歴
シュノーケリングなら子ども達もバッチリ楽しめる!(2019年5月29日)
脱毛ラボ(2019年4月 7日)
保湿力(2019年4月 7日)
ムダ毛処理(2019年4月 7日)
初対面の相手の印象(2019年4月 7日)